1. ホーム
  2. 酵素サプリの記事一覧
  3. 酵素サプリは食後がおすすめ?ランキング常連製品から考える
2019.02.21
95 views

酵素サプリは食後がおすすめ?ランキング常連製品から考える

サプリは薬でなく健康食品なので、いつ飲んでもよい

いつ飲んでもよいけど、上手な活用方法がある?

結論から申し上げます。いつ飲んでもよい、というのが模範的な回答となります。

酵素サプリはその他諸々のサプリメント同様に、健康食品です。3食だけで不足しがちな栄養素や、通常の食材では十分な量摂ることが難しい栄養素を食事の補助として摂取する健康食品です。従って、食品をいつ食べなくてはいけない、と薬のように指定することはできません。またその必要もありません。健康食品である、酵素サプリは、いつ飲んでもよいのです。

市販されている酵素サプリについて、飲み方がどのように記載されているかをチェックしてみました。だいたい「1日X粒を水またはぬるま湯で召し上がりください」という書き方でした。X粒というのは製品によって2、3粒だったり、4粒だったりとの違いです。

つまり、健康食品というカテゴリー上の定義からみても、製品の説明書をみても、酵素サプリはいつ飲んでもよいということになります。しかし、いつ飲んでもよいのなら、いつ飲むことに決めてしまっても問題はないということです。それが、単に習慣上の理由でも、何か他の都合上飲みやすいからでもいいということです。

と、いうことでいつ飲むのがよいか、利便性的に優れているかという使用者の観点で、飲むタイミングについて考えてみましょう。ここで考えるのは酵素サプリメントについてだけです。その他様々な健康食品については、その特性を考えつつ最適なタイミングを探ってみてください。

酵素サプリを飲む目的は?酵素サプリとはどんなもの?

効果がわかれば使い所が見えてくる?

そもそも、酵素サプリは何の目的で飲むものなのでしょうか?そして、その目的に対して酵素サプリはどのように作用、手助けしてくれるものなのでしょう。

酵素サプリを飲む方には、様々な目的があるようです。ダイエット、美容、糖尿病、高血圧や動脈硬化などの成人病予防と非常に広範囲です。では、その目的に対して、酵素サプリはどのように作用して、効果を引き出してくれるのでしょうか。酵素サプリに含まれている、様々な栄養素、ペプチド、アミノ酸によって、様々な美容、健康効果をサポートするのが酵素サプリの働きです。

酵素サプリに対してよくある誤解に、酵素サプリには酵素が入っている、というものがあります。酵素サプリとは、何十種類、製品によっては何百種類もの原料を、酵素の力を借り、長期発酵熟成させることによってできた発酵食品です。

例えば、納豆は有名な発酵食品です。茹でた大豆に納豆菌をくっつけると、納豆菌が大豆のタンパク質を分解し、変質させていきます。この反応を発酵と呼びますが、このときに納豆菌が利用する物質がナットウキナーゼという酵素です。完成した納豆は、とても美味しく栄養がありますが、納豆菌が発酵に使ったナットウキナーゼという酵素は、いわば大工道具のようなもので、それ自体には何の栄養もありません。

ナットウキナーゼができることは、大豆を納豆にすることだけなのです。もしかして、ナットウキナーゼを先に飲んでから、茹でた大豆を食べると体内で納豆になるかも、と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、そう上手くはいきません。酵素が働くには、シビアな条件があります。温度、湿度、PH値などです。強力な胃酸の中では、ナットウキナーゼは働くことができず、大豆もただ消化されていくだけでしょう。

繰り返しますが、酵素サプリは酵素の働きを利用した、発酵食品です。酵素そのものではありません。発酵過程で働いた酵素が、残存している可能性は否定できませんが、それが身体に中に入っても、効果的に働くことは無理でしょう。

酵素とは物質Aを物質Bに変化させるために使用される触媒でもあります。それも1種類の酵素は1つの働きしか持ちません。ナットウキナーゼの例えでいえば、大豆を納豆にするための作用しかなく、そもそも微生物でもありません。

「生きた酵素を補充する」という表現を用いている酵素サプリの広告をたまに見かけますが、そもそも酵素は生き物ではないので、誤解のないようにしましょう。

成人病対策で酵素サプリを飲む場合のタイミング

栄養補助なら食事のついでがベター

酵素サプリがどういうものかが、わかったところでいつ飲めばよいのか考えてみましょう。酵素サプリとは、言い換えれば豪華な発酵食品のエッセンスを集めた詰め合わせともいえます。

動脈硬化の原因の1つには、赤血球が硬く変形しにくくなることや、血小板が凝集しやすくなることがあります。発酵食品の中には、そのような状態に効果が見られるものもあり、血流の改善をサポートしてくれることでしょう。

血流の改善は、身体のあちこちにおこる小さなトラブルの改善に繋がります。血流がよくなることで、隅々にまで酸素や栄養素が届きやすくなるからです。であれば、肌トラブルや目のかすみなどにも効果があるかもしれません。

酵素サプリには、様々な栄養素も含まれています。ビタミンやミネラル類は、身体の調子を整えるのに役立ちます。ビタミンCは、血糖値を下げるインスリンの原料になる栄養素です。また美肌に重要なコラーゲン作りにもビタミンCは必要です。ミネラルは体内の酵素の作用を活発にする補酵素としての働きもあります。

本来、1日3回の食事でバランスよい食事ができており、不足しがちといわれる魚や海藻類、野菜が十分に摂取できていれば、上記のような問題のほとんどは食事で解決できます。しかし、調理の手間、材料集めの手間に加えて、料理する過程で油分、塩分が多くなりがちという問題点もあります。このような食事だけでは、現実的に難しい栄養補給をサプリメントに頼るのが理想的な摂取の仕方です。

であれば、酵素サプリの摂取タイミングも、食事のタイミングに合わせるのが一番よいでしょう。食事の栄養素と同時に酵素サプリの栄養素も吸収するのがもっとも効率が優れているからです。

ただ、食前か食後かという課題がまだ残ります。

酵素サプリの中には、血圧や血糖値の上昇を妨げる効果が期待できる成分が、含まれているものがあります。そのような酵素サプリは、食前に、血糖値等が上がる前に飲むのがベターでしょう。ゆっくり食事を済ませて、血糖値が上がり始めてから飲んだのでは役に立ちません。

また、飲む回数が1日に1回ならば、食後にゆっくりとできるときがよいでしょう。食べたものをじっくり消化し、栄養吸収するには、身体を休めてリラックスできる環境がベストです。必ずしもそうとは限らないでしょうが、夕食時が一番近いのではと思われます。

美容目的で酵素サプリを飲むタイミング

代謝が活発になる寸前に栄養補給

糖尿病等の生活習慣病への効果を期待して、酵素サプリを飲む場合のタイミングを紹介しました。同時に酵素サプリとはどういうものかも詳しく紹介しましたが、美容目的で酵素サプリをお考えの方には、聞いていた話と随分違うという印象を抱かれたのでないかとも思います。

それでは、美容のために酵素サプリを飲むのは無駄かといえば、決してそのようなことはありません。発酵食品にはまだまだ謎に包まれた大きなパワーがあります。実際に健康に寄与している発酵食品もたくさん存在します。そのような発酵食品パワーを効率的に、まとめて摂取できる酵素サプリは、少なくとも栄養補充の面では有効と考えられますし、潜在的な健康への効果をいくつも持っている可能性があります。

ただし、薬ではないので劇的な効果としては現れませんし、様々な種類の酵素サプリを一括りに捉えている現状では、何がどう作用しているのかを確かめることも困難です。それでも、優秀な栄養補助食品であることは確かなのですから、栄養バランスと量に配慮した食事と適度な運動を行い、補助的に酵素サプリを用いて、長い目で効果を期待するのがよいでしょう。

美容目的で酵素サプリを飲むのに最適なタイミングですが、夕食後がおすすめです。その理由としては、夕食後がもっともリラックスして栄養吸収のために、身体を休めることができるタイミングだからです。食前でもかまいませんが、中には食事の味に影響を与えるケースもあるかもしれません。食事を楽しんで、酵素サプリを飲んで、ゆっくり、の方がリズム的にものんびりした雰囲気になるのではと思います。

実際は、仕事が忙しく、夕食の時間もまちまちだったり、ほとんどが外食であったりというケースも多いでしょう。それならば、就寝の2時間ほど前に酵素サプリを飲んでみましょう。できれば、酵素サプリを飲んだあと、食事はしない方がよいです。食事後すぐに寝ることになり、消化に悪いからです。

就寝2時間前に酵素サプリを飲むと、睡眠中に成長ホルモンが活動する時間と酵素サプリの栄養吸収のタイミングが近くなります。傷んだ身体の回復や補修が集中的に行われる時間に、多くの栄養を供給することで、効率的に回復を行うことができるでしょう。

ダイエット目的で酵素サプリを利用する場合の飲み方

栄養補助と同時に食べ過ぎ予防に活用

酵素サプリは、栄養価に富んだ多くの発酵食品のエキスが混ぜ合わさったものです。原料にした食材によって、含まれる栄養素は異なりますが、何気なく過ごしている日常生活では、不足しがちな栄養が摂取できるように考えられた製品が多いようです。

ダイエットを目的とされているからには、なぜ太ってしまったかの原因を解消することが大切です。その理由によっては、酵素サプリが貢献できない場合もあるかもしれません。ここでは、一例として過食と運動不足が原因の場合で、酵素サプリとの関連を考えてみましょう。

過食の場合、栄養バランスにも偏りが生じているケースがほとんどです。炭水化物や糖類、油分、タンパク質が多く、野菜、魚、発酵食品(納豆やヨーグルト、チーズなどなど)は不足しているケースが多いのでないでしょうか。そして、運動不足気味であれば多くの場合、便秘気味であることも予測されます。

そこで、当座の目標として、栄養バランスのとれた適量の食事に改める、その中でもビタミン、食物繊維は多め、炭水化物、糖分は控えめにする、少しずつでもよいので日々運動する習慣をつける、酵素サプリは1日に1回食後に飲む、ということに挑戦してみることをお勧めします。酵素サプリは、1日のメインの食事のタイミングで食前少し前に飲みましょう。

栄養バランスのとれた食事、日々の運動の理由については、理解いただけると思いますので、酵素サプリについて説明を加えます。

酵素サプリを飲む目的は、豊富な栄養分の中に食物繊維が含まれていることを期待してのことです。ほんの数粒の酵素サプリですが、食前に飲み、栄養素の分解、吸収や食物繊維を消化しようと消化器が動きだすことで、若干ですが満腹中枢に刺激を与えられる可能性があります。いつもより早めに満腹感が訪れることで、腹8分目で食事を止めることができます。食事中の順番も大切で、野菜類から食べるようにすると、より効果的です。

もう1つ、食物繊維には糖や脂肪の吸収を穏やかにする働きもあります。太り過ぎの原因となる成分の摂取を穏やかに抑えてくれる効果も期待しての、酵素サプリの食前飲用です。また、食物繊維が便通に効果があることも期待しています。酵素サプリを飲む際や食事中も、お水を多めに飲むように心がけるとよいでしょう。

もちろん、様々な栄養素がよい方向に働くことも期待しています。

このやり方を続けても、すぐにダイエット効果は期待できないかもしれません。ダイエットのスピードは減らしたカロリー量と使った運動量次第だからです。身体に負担がかからないので、効果や穏やかですが、少しずつ健康な体質に向かっていくことを期待して、長く続けることが肝心です。

酵素サプリも千差万別

利用目的と続けやすいタイミングで決めよう

酵素サプリとはどのようなものか、の解説に始まり、ケース別に酵素サプリに期待できること、それを踏まえた飲むタイミングやその他注意すべきことを紹介してきました。ただ、これは全ての酵素サプリに当てはまるというわけではありません。

酵素サプリには様々な種類があり、発酵に使用した食材の数も数十から数百を超えるものまで、様々なものがあります。発酵に使った菌も麹菌の仲間を使ったもの、ビフィズス菌の仲間を使ったもの、数種の菌を混合して使ったものなど多種多様で、出来上がりの酵素サプリもメーカーごとに異なった特徴を持っていると考えざるを得ません。

従って、ここで解説したことも一般的な酵素の特質から考えられること、多くの酵素サプリにいえることを当てはめたもので、市販されている酵素サプリの中には、全く異なった性格のものがないとも限りません。実際に酵素サプリを、成人病関連の数値改善などに活用してみようという方は、現在かかりつけの医師や薬剤師の方とよく相談されて、服用している薬との相性などを確かめてから、チャレンジなさってください。

最後に、多くの酵素サプリの中でこれはとおすすめできる商品を1つ紹介しましょう。「OM-X」という製品です。おすすめの理由は、メーカーHPの説明がわかりやすいこと、使用している原材料は少なめですが、栄養バランスが優れていること、です。

ぜひ、ご自身の目的にあった酵素サプリを探し出して、健康に活用なさってみてください。

酵素サプリは食後がおすすめ?ランキング常連製品から考える

この記事が気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

このページのタイトルとURLをコピー

SNSにシェアして役立つ情報をみんなに広めよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する人気の記事